通知を受けた

YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けた場合には、利用者が不利になると言われています。どのように不利になるのかというと、動画がミュートになる、動画そのものがブロックされてしまうのです。ミュートというのは、映像だけが流れて音が出ないという場合なのですが、よくYouTubeを閲覧するという人は、ミュートの状態になっていますと言った説明欄が出ており、映像だけになっている動画を見たことがある人もいるでしょう。

では、どのようなときにミュートにされてしまうのでしょうか。それは動画内に著作権で保護されている音楽が使用されている場合です。そのため、動画を流すときには、ミュートにされないように一部音声を消して投稿する人もいるのです。そして映像も著作権に触れている場合には、動画そのものがブロックされてしまい、閲覧が不可能になってしまうこともあるのです。

この場合、特定の国でのみブロックされる場合もあれば、完全にブロックされてしまう場合もあります。完全にブロックされてしまった場合には、どのような方法でも閲覧することはできません。特定の国のみでブロックされた場合には、別の国からであれば閲覧することが可能です。YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けると、このような状況に陥ることがあるのです。