主な対応方法

YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けたら、いくつか対策をすることが可能な場合もあります。例えば動画に使用している音楽が著作権に触れてしまうのであれば、動画を編集して音楽を消してしまうという方法を取ることができます。簡単に言えば音楽を削除してしまえば、著作権に触れないので問題ないのです。もしくは別の音楽に変えてしまうという方法も有効的でしょう。

ただし、変えた別の音楽も著作権に触れてしまい、再びYouTubeコンテンツIDの申し立てを受けてしまう場合もあります。人によっては何もしない場合も多いでしょうが、そうするとミュートにされてしまうこともあるので注意しましょう。ちなみに映像の方が著作権に触れてしまい、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けてしまった場合には、動画自体を削除するしかありません。もちろん何もしない人もたくさんいます。

しかし、何もしないとブロックされてしまう可能性もあるので、閲覧できなくなることを承知の上でそのままにしておくことになるのです。もし著作権に触れてもいないのに、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けた場合には、異議を申し立てることもできます。人によっては間違えて異議の申し立てをしてしまうこともあるので、このような方法が取られているのでしょう。