主な対応方法

YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けたら、いくつか対策をすることが可能な場合もあります。例えば動画に使用している音楽が著作権に触れてしまうのであれば、動画を編集して音楽を消してしまうという方法を取ることができます。簡単に言えば音楽を削除してしまえば、著作権に触れないので問題ないのです。もしくは別の音楽に変えてしまうという方法も有効的でしょう。

ただし、変えた別の音楽も著作権に触れてしまい、再びYouTubeコンテンツIDの申し立てを受けてしまう場合もあります。人によっては何もしない場合も多いでしょうが、そうするとミュートにされてしまうこともあるので注意しましょう。ちなみに映像の方が著作権に触れてしまい、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けてしまった場合には、動画自体を削除するしかありません。もちろん何もしない人もたくさんいます。

しかし、何もしないとブロックされてしまう可能性もあるので、閲覧できなくなることを承知の上でそのままにしておくことになるのです。もし著作権に触れてもいないのに、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けた場合には、異議を申し立てることもできます。人によっては間違えて異議の申し立てをしてしまうこともあるので、このような方法が取られているのでしょう。

通知を受けた

YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けた場合には、利用者が不利になると言われています。どのように不利になるのかというと、動画がミュートになる、動画そのものがブロックされてしまうのです。ミュートというのは、映像だけが流れて音が出ないという場合なのですが、よくYouTubeを閲覧するという人は、ミュートの状態になっていますと言った説明欄が出ており、映像だけになっている動画を見たことがある人もいるでしょう。

では、どのようなときにミュートにされてしまうのでしょうか。それは動画内に著作権で保護されている音楽が使用されている場合です。そのため、動画を流すときには、ミュートにされないように一部音声を消して投稿する人もいるのです。そして映像も著作権に触れている場合には、動画そのものがブロックされてしまい、閲覧が不可能になってしまうこともあるのです。

この場合、特定の国でのみブロックされる場合もあれば、完全にブロックされてしまう場合もあります。完全にブロックされてしまった場合には、どのような方法でも閲覧することはできません。特定の国のみでブロックされた場合には、別の国からであれば閲覧することが可能です。YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けると、このような状況に陥ることがあるのです。

YouTubeコンテンツIDについて

現在インターネット上にはいろいろな動画サイトが存在しています。その中でも特に有名なのはYouTubeでしょう。動画の数も非常に多いですし、広告料をもらうこともできるので、副業などにしている人もたくさんいます。しかも登録するのに一切費用が掛かりませんし、閲覧するだけなら登録をする必要もありません。数多くある動画の中でも、最も閲覧しやすいサイトだと言えるでしょう。そんな動画サイトのYouTubeには、YouTubeコンテンツIDというのが存在しています。

動画の投稿をして、広告料を得るためには必要不可欠なのですが、中には著作権で保護されている動画をアップしている人もいるのです。このような場合、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受ける場合があります。人によっては自由に動画をアップできるようにするべきだと考えていることが多いので、普通の人が著作権侵害だと申し立てをすることは殆どないでしょう。行っているのは著作権を持っているテレビ局などです。しかも著作権で保護されている映像や音楽を配信して報酬を得ている人もいます。

だからこそ著作権侵害だと報告をして、動画の削除を依頼する人もいるのです。そのためにはYouTubeコンテンツIDの申し立てが必要になります。ただし、著作権侵害の報告を受けたからと言って、必ず削除されるとは限りません。映像の場合には削除されるケースが多いのですが、音楽の場合には削除されるケースは少ないでしょう。当サイトでは人気動画サイトのYouTubeコンテンツIDに関する内容をいろいろと記載しています。

関連サイト<YouTubeコンテンツIDの運用サービス|アセットマネージャー