不動産担保ローンを利用して感じた事

不動産担保ローンになると銀行の態度が激変

その事は不動産担保ローンで不動産があるという話をした時から、対応が激変したという事を見ても分かったモノです。
明らかに態度が変わるという事があって、人が豹変するというのはこういう事を言うのかとも感じましたから、これは余程ものにしたい案件なのだというように感じたもの。
とすれば、当然これを上手く交渉材料に使わない手はありません。
それまでは、自分がお願いをするという立場だったものが急に反転して銀行側がお願いをするという感じになったのは、後から考えると面白いところでもありました。
金利負担を少なくすることが出来たとは言っても、負担がゼロというわけではありませんから、やはりこのようなローンは出来るだけ利用しないというのが良いという事も分かります。
負担が少ないというのと、ゼロというのとでは全く違う話なので、出来るだけ早くにこの負担をゼロにして、それからは資産を築いていくという事になればとも考えています。
そうなれば、更に仕事が楽しく感じられることでしょう。

実質的にお得になるのは不動産担保ローン不動産は金利を下げる交渉材料不動産担保ローンになると銀行の態度が激変