不動産担保ローンを利用して感じた事

不動産は金利を下げる交渉材料

勿論複数の金融機関に同様の事をして競合させたという事があるからなのですが、これは使える良質のアイテムにもなるという事が分かったという事です。
冷静になって考えると、この金融機関の行動は極めて当たり前の事で、無担保ローンということになれば、大きなリスクを抱える事になるので、出来れば不動産担保ローンの方が良いという事は当然でしょう。
何しろ一方は利益も大きいかもしれませんが、貸し倒れリスクというのは常に付きまとうという事になります。
ですが、不動産担保ローンの場合は貸し倒れのリスクはゼロで契約をする事が出来るようになる。
契約成立と同時に銀行側の利益は約束されたものとなり、それが金利という物であるか、不動産の獲得であるのかの違いだけという事になるわけですから、これはどう転んでも銀行からするとおいしい話ということになります。
どこの銀行でも言える事ですが、美味しい話は当然自分達が獲得したいということになりますから、競合させればそれでどんどんと条件を情報してくるところが出てくるようになるというわけです。
銀行は利益を出すために動いているわけですから、その利益が確約された契約というのは社内でも高く評価されると考えても良いのかもしれません。

実質的にお得になるのは不動産担保ローン不動産は金利を下げる交渉材料不動産担保ローンになると銀行の態度が激変